香綾会中部支部総会

2018年 香綾会中部支部総会

2018年6月17日(日) 於:メルパルク NAGOYA

2018年6月18日(日曜日)、梅雨の晴れ間の中、メルパルクNAGOYAにて『第19回 香綾会中部支部総会』が開かれました。

青木 清明 副支部長(高10回生)の開会の辞に始まり物故者への黙とうをささげた後、島津 久忠 支部長(高8回生)のご挨拶がありました。「中部支部は高齢化の波が押し寄せていますが、後期高齢者の「期」は輝くの「輝」です。100周年に向けて、皆さん元気に頑張りましょう!」と力強いお言葉をいただきました。

来賓として、福岡から田中 眞太郎 校長(高29回生)、仁部 一布 副会長(高16回生)、安永 剛 事務局長(高42回生)が出席。また今回は、古川 洋関東支部長(高15回生)も駆けつけ、計15名の参加者となりました。

乾杯後は会食をしながら、お一人お一人が近況を報告。遥か昔の母校在学中の話や、遠く離れた故郷のことなどそれぞれの想いを熱く語り合う良い時間となりました。

4年後の100周年のことに話が及ぶと「その時にはぜひ参加したい。」と口々に仰り、田中校長先生から「100周年と言わず、福岡に帰られた際には5分でもよいので、ぜひ母校に来てください。」とのお声かけがありました。安永事務局長も「香椎の町並みはどんどん変わっていますが、母校は変わりません。ぜひ遊びに来てください。」と言われ、その言葉に皆さんからは「商店街はどうなってる?」「駅前はどうなるの?」との質問が飛んでいました。

最後は仁部副会長ご発声による博多祝いめでた唄と博多手一本で無事、閉会となりました。

福岡を離れた先輩方が、それぞれの土地で母校のことを思い、母校のためにと尽力してくださるそのお姿に、感謝の気持ちで一杯です。

事務局 山内

香綾会中部支部総会一覧にもどる