香綾会ニュース

2015年※ ※2014年※ ※2013年
2012年※ ※2011年※ ※2010年※ ※2009年

 川副洋子(高11回生)さん 母校へ絵画を寄贈

平成23年11月18日、香綾会理事の升本六助(高9回生)さんよりご紹介頂きました、川副洋子(高11回生)さんから絵画を寄贈して頂きました。題「パンドラ」(ギリシャ神話の中の人類初の女性)は、2008年筑紫美術展の「筑紫美術協会賞」を受賞した作品です。香綾会館の3階会議室に展示しておりますので、香椎高校来校の節は、是非足をお運びください。
なお川副様は、先日ご夫婦で「ひたり展」(福岡市美術館11月1日〜6日)を終えられたばかりでした。

パンドラ
写真は、11月18日、香綾会館にて寄贈の絵画の前で撮影
左より、長澤誠司香綾会副会長(高24回生)、山口悦朗学校長、 中牟田弘治会長(高14回生)、黒木忠好総括教頭


 藤野裕美子(旧姓:荒津)さん(高8回生) 出演

昨年、福岡で開催されましたテリー・アサカワ(浅川哲郎)さん(高10回生同期)のピアノコンサートで司会をされていた藤野裕美子(旧姓:荒津)さん(高8回生・音楽部OB)が、第14回 LA GIOIA DI CANTARE〜歌の喜び〜に出演されます。お近くの方は、ぜひ足を運んでみてください。

  日時:平成23年7月16日(土)  14:00開場 14:30開演
  会場:あいれふホール 福岡市中央区舞鶴2-5-1-10F Tel:092-751-7778
  主催:フォレスティーナ福岡(森岡謙一門下生)
  入場無料

曲目
 五木の子守唄 / 叱られて / 鐘が鳴ります / 落葉松 / カロ ミオ ペン / 最後の歌
 ああ、私の心である人よ / 私の敬愛する美しい神よ / 君の上には花ばかり
 扉を開けて窓を開けて / 歌に生き愛に生き / 星は光りぬ / 神よ平和を与え給え

 今林久さん(高19回生) 日展 入選

第42回日展の工芸美術部門において、香綾会副会長の今林久さん(高19回生)の作品「島影」が見事入選しました。平成23年6月12日(日)まで福岡市美術館で展示中ですので、お時間がある方はぜひ実物をご覧ください。
島影
「島影」
古代の志賀島を想っての連作作品である。海洋民族の阿曇族が活躍していたであろう志賀島は、今に、往時のおもかげを、自然や風俗に色こく残している。その当時の、おおらかな気風と、自然に同化せざるを得ない中での活動力、そして恐れなどを表現した。


 香椎高校吹奏楽部がOBと一緒に博多どんたく参加

平成23年5月4日(月祝)香椎高校吹奏楽部がOBと一緒に博多どんたくに参加しました。
どんたく1
どんたく2
どんたく2

募金活動報告

〜香椎高校からできること〜 生徒会新聞3月号より
先日の放送にもあった「東日本大震災募金活動」について、生徒会長の柴野君からメッセージがあります。「現在生徒会では募金活動をしています。とても多くのお金が集まりました。この募金活動を始めたきっかけは、先生方の力などもありますが、一番は香椎生の力でした。地震が起きた日から、僕の所にはメールなどを通して、クラスの仲間や友人から、「募金活動はしないのか」とか「何か自分達にできることはないのか」とかいった、多くの言葉が来ました。このような言葉があり、募金活動をするきっかけへとなって行きました。毎日の募金活動を通して、みんなが通るたびにお金を入れてくれて、みんなの「助け合い」の意識の高さや「温かさ」がすごく感じられて、活動をしながら感動しています。募金活動は3月16日から24日までを期間として設けていますが、結果次第では今後も続けていくことになります。よろしくお願いします。」

〜困ったときこそ助け合おう〜 生徒会新聞4月号より
4月7日に皆さんに募金していただいたお金をRKBの方に渡して、募金を始めたきっかけ、募金をした時の感想などを話しました。今後も、私達にできることを続けていきましょう!
今回の募金で集まった義捐金は、348,111円です。
ご協力ありがとうございました!

 香椎高校吹奏楽部の第34回定期演奏会開催

平成23年3月13日(日)そぴあ新宮にて、香椎高校吹奏楽部の第34回定期演奏会が開催されました。
福岡県立香椎高等学校吹奏楽部 第34回定期演奏会に寄せて
人への思いを強くする               校長 森永 哲二

現代のグローバル化の進む現代においては、どのような分野においてもより高度な技術や知識が求められ、わたしたちも懸命に技能を磨くことに努めます。でも、と言うより、だからこそ、「何故?」の問いを忘れがちとなり、技能自体が目的化し、人のためにという原点が霞んでいきます。本校の今年度卒業生(第63回生)が入学した折、わたしは、その式辞の中で、世界で最も権威ある声楽コンクール「マリア・カラス・コンクール」でイタリア人以外で初めて1990年に優勝された中丸三千繪さんの言葉を引きました。要旨は次のとおりです。
----- デビュー以来、条件の整ったホールなどで、自分が有名になることだけを考えて歌ってきたが、病院で歌い出し、死を前にしている子供達と接していくうち、何とかして生きる力を上げたいという思いが出てきた。そうすると、病院の廊下などで歌うことに何の抵抗もなくなった。その結果、最低中二日置かないとリサイタルで歌えなかったのに、三日間通してでも歌える体力と精神力がついた。子どもたちをサポートするには、自分を甘やかしてはいけないと思い、トレーニングに励んだ。 -----
他者(ひと)への思いは自分を高めます。わたしたちは、自分のためだけではなく、人のために情熱を燃やそうとする時に大きな力を得るもののようです。よく引かれる例ですが、盥の中の花を引き寄せようと手前に引くと却って花は遠ざかり、水を押しやると花は近づいてきます。
本校の吹奏楽部は、近隣の病院へも依頼を受けて演奏に出掛けたり、公民館の夏祭りや同窓会総会に招いていただいたりと、保護者の皆様だけでなく、多くの方々からのご支援を受けての活動の中で育てていただいています。本校が中核となって行ってきた近隣の小学校・中学校との合同演奏会も4回を重ねることが出来ました。昨年からは、本校の書道部・美術部や服飾デザイン科の実演や作品展示とのコラボの形をとり、小中学校や地域の方々にも大変喜ばれました。地域との交流や連携を深め、その文化活動の活性化に少しでも寄与できるとすれば、これに勝る喜びはありません。何よりも、本校の生徒はそうした活動をとおして実に多くのことを学ばせてもらっているのです。今年度は、吹奏楽コンクールで久し振りに金賞を受賞できましたのも、皆様から育てていただいたお陰に他なりません。
「定演」は一年間の成果を発表し、ご批正をいただく場ではありますが、生徒たちはこの定期演奏会を、皆様へのご恩返しの場となるよう、また、皆様に少しでも喜んでいただけるようにと練習に励んできました。そうした部員たちの気持ちが伝わる「定演」になることを心から願っています。
ともあれ、今日の演奏会が、皆様にとりまして、心豊かなひと時となること、そして、関係各位の益々のご健勝・ご多幸とを心からお祈りいたしましてご挨拶といたします。


香椎高等学校吹奏楽部OB会会長       竹内 基晴

本日、ここに皆様のご臨席のもと、吹奏楽部第34回定期演奏会を開催できますことを大変嬉しく思います。これもひとえに、顧問の先生をはじめ、学校関係者の皆様、またご父兄の皆様のご協力があればこそと、大変感謝いたしております。
また、本年度は、全日本吹奏楽コンクールの予選においても、金賞を受賞し、部活、学校行事だけでなく、すばらしい実績を残せたことを誇りに思います。
今回のこの定期演奏会には、多数のOBのメンバーも参加させていただいていますが、現役とOBとの繋がりをこんなにまで大切にしていただいている現役の皆様にも本当に感謝いたしております。OBを代表してお礼申し上げます。
最後になりましたが、これからも、香椎高等学校吹奏楽部の活動に皆様のご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。また、本日の定期演奏会の開催にあたり、ご助力いただいた関係各位に対し、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


実行委員長       藤木 愛

本日は香椎高校吹奏楽部第34回定期演奏会にご来場いただき誠にありがとうございます。今年は顧問の先生が変わり、初めての定期演奏会となりました。準備が色々と大変でしたが、森先生をはじめとする諸先生方、保護者の皆様、OB・OGの方々、賛助演奏の皆様、そしてご来場の皆様のお陰で、例年通り開催することができました。部員一同、心から感謝申し上げます。
今年のテーマは、「森カンタービレ♪〜あなたの笑顔のために 私の幸せのために〜」です。このテーマのように、私たちの演奏で皆様を笑顔にして、皆様の笑顔で私たちが幸せになれるような演奏会にしたいと思っています。精一杯、演奏しますのでどうぞお楽しみください。


 指揮者紹介
川畑 廣典(客演指揮者)

宇美中学校吹奏楽部、香椎高校吹奏楽部(昭和59年卒)を経て、作陽音楽大学(現:くらしき作陽大学)ホルン専攻、現在宇美町役場に勤務。
OBステージの指揮者といえば、この方!!友人の年齢層がとにかく幅広い!口癖は「そこ、バキッと吹いて」ホルンを愛する川畑廣典先輩です☆今日は川畑先輩の華麗な指揮にもご注目ください!


顧問   森 千恵

福岡県立嘉穂高等学校吹奏楽部にて、クラリネットを始める。吹奏楽コンクール九州大会3回出場(金賞)、吹奏楽コンクール全国大会2回出場(金・銅賞)アンサンブルコンテスト[クラリネット4重奏]九州大会出場(金賞)作陽音楽大学(現:くらしき作陽大学)音楽学部音楽学科クラリネット専攻。
我が吹奏楽部の指揮者といえば、この方!!口癖は「あっ、MyWorldで喋りよった!」旦那さんとラブラブなクラリネット吹きの森千恵先生です♪今日は森先生の優雅な指揮にご注目ください!

吹奏楽部第34回定期演奏会
  OBの方々から沢山頂きました中のひとつ、吹奏楽部1回生の財津和夫さんからの花束です
吹奏楽部第34回定期演奏会
吹奏楽部第34回定期演奏会
吹奏楽部第34回定期演奏会
吹奏楽部第34回定期演奏会
吹奏楽部第34回定期演奏会
プログラム
 ---1部---
 鷲の舞うところ
 ミス・サイゴン
 2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲「南風のマーチ」
 キャプテン・マルコ
〜OBステージ〜
 星条旗よ永遠なれ
 魔女の宅急便
〜ショートステージ〜
 "TAKE THE "A" TRAIN" (A列車で行こう)
 In The Mood (イン・ザ・ムード)
 ---2部---
 宇宙戦艦ヤマト
 のだめカンタービレcollection
 海猿〜ハイライト
 スーパーマリオブラザーズ
 YELL
 手紙(合唱)
 香椎メドレー
 情熱大陸

 香椎レインボーフェスティバル開催

平成23年1月30日(日)クリエイト篠栗にて、香椎レインボーフェスティバルが開催されました。

自然の美しさに感動する心を持つ    校長 森永 哲二

本日はご多忙のところをお運びいただき大変有難うございます。
この全国的にも類例を見ない小・中・高、三つの学校種の連携による合同演奏会も今回で第4回を数え、内容も演奏会に加え、美術や書道、あるいは本校服飾デザイン科の作品展示なども加えさせて頂くようになりました。こうして回を重ねることが出来ましたのは、何よりも本日ご参加のそれぞれの小学校・中学校の校長先生方、そして「クリエイト篠栗」の館長様をはじめとする関係各位のご理解とご協力のお陰です。先ずはこの紙面を借りて心からお礼を申し上げます。
さて、「物理学と音楽、そこには自然の美しさに感動する心を持つという点で共通項を感じています。」とは、素粒子物理学者であり、世界的に著名な音楽家・演出家でもある大須賀鬨雄先生の言葉です。先生は現在も<高エネルギー加速器研究機構>という最先端の研究機関にお勤めですが、4年ほど前に、チェコのシレジア劇場の要請により、初めてオペラ「夕鶴」の演出を手掛けて成功に導かれ、その実績により、首都プラハの劇場からの招きを受け、そこでの公演をも見事に成功させられ世界的に高い評価を受けられました。
冒頭に申し上げましたとおり、こうした演奏会を続けて来られたのは、関係各位のご理解とご協力との賜物に他なりませんが、それ以前にもう一つ、年代を超えての合同演奏会が出来るのは、みんなの中にこうした「感動する心」や「優れた感性や情緒」が共通して存在するからでしょう。また、これこそが、小学校から高校生までを対等な関係でつなぐことを可能にしている核心ではないかと思うのです。
昨年は中国古代の思想家・孔子が「君子」(立派な人間)となるために身に着けるべき六つの教養のうち、その第二番目に「楽」を挙げていることを紹介しました。それは、瞬時に消えていく音と音との時間的なつながりへの意識や、そうした頼りない、かすかな「音」を通して他者とのコミュニケーションを図る力を養うことの重要性を説いているという指摘があることを述べました。最近はコミュニケーションの力の大切さが説かれることが多いのですが、コミュニケーションの問題とは、その根底をなす情緒や感性の問題であるとも言えると思います。
くだくだしい理屈はこれくらいにして、そんな優れた感性によってつながった小中高生によるハーモニーを今日はどうかごゆっくりお楽しみいただき、子どもたちのメッセージを受け取っていただきたいものです。今日の演奏会が少しでも日頃お世話になっている地域へのご恩返しとなり、糟屋地区という地域文化の発展や向上に貢献できるものとなることを願って小中高生の学校を代表してのご挨拶とさせていただきます。


レインボーフェスティバルを開催するにあたって    実行委員長 田中 咲

本日はお忙しい中、ご来場いただき誠にありがとうございます。
このような演奏会を開催することができましたのも、クリエイト篠栗の方々、地域の方々、参加校の皆さん、本校の関係者の方々、保護者の皆さまのご理解とご協力のおかげであり、心より深く感謝申し上げます。
この企画を通して小中学生と共演することで、お互いに刺激となり音楽に対する意識をより高めることができました。学校や年齢の壁を越えてみんなでひとつの音楽をつくりあげていくことは、とても大変なことですが、大きな達成感を得ることができました。
また、この経験をこれからの音楽活動に活かすことができると思います。


指揮者紹介     栗田 哲海(合同演奏のゲスト指揮者)

福岡教育大学音楽科卒業後、九州交響楽団をはじめ、プロのオーケストラの指揮をする傍ら、文化的な地域活動も行っている。音楽団体やスクールバンド活動のみならず、音楽にまつわる合唱や管・弦打楽器についての研究を行い、現在も福岡を中心に管弦楽、室内楽、オペラ、合唱、吹奏楽等、幅広く活動し実践的な指導をされている。
1979年第14回民音指揮者コンクール第3位入賞。
昨年度、福岡市より文化的貢献を行っていると認められ、「福岡市文化賞」受賞。現在、福岡教育大学吹奏楽部、春日市民オーケストラ、産業医科大学管弦楽団、宗像シンフォニックウインズの指揮を努めている。


参加校一覧

青葉小学校・青葉中学校
篠栗中学校・志免中学校・新宮中学校・多々良中学校・多々良中央中学校
香椎高校 吹奏楽部・写真部・書道部・美術部・放送部・服飾デザイン科

レインボーフェスティバル
レインボーフェスティバル
レインボーフェスティバル

空閑龍二さん(高9回生)「福岡歴史がめ煮 東区編」出版

福岡歴史がめ煮空閑龍二さん(高9回生)が「福岡歴史がめ煮 東区編」を出版されました。
この本の中(40P)には、旧制香椎中学校創立者の太田清蔵翁の話と銅像写真が掲載されています。
また、2009年3月には「福岡歴史がめ煮 博多区・中央区編」も出版されています。




 香椎高校吹奏楽部の演奏会開催のお知らせ

第4回香椎レインボーフェスティバルが開催されます。

  日時:平成23年1月30日(日)  開場13:00 開演13:30開演
  会場:クリエイト篠栗
  入場無料


香椎高校吹奏楽部の第34回定期演奏会が開催されます。

  日時:平成23年3月13日(日)  開場13:00 開演13:30開演
  会場:そぴあ新宮
  入場無料