香椎高等女学校校歌

作詞:武田 祐吉 作曲:下総 宗一
1.綾杉さやに 空はれて
  朝菜かがよふ 香椎潟
  名も立花の 山風に
  稜威(みいつ)かしこき 神宮(かむみや)を
  仰ぎ戴く 尊さよ
  うれしたのし 香椎の学舎(まなびや)
2.その大宮を 仰ぎつつ
  み空は青く 海澄みて
  常春(とこはる)の苑(その) 我が庭に
  若き生命も 輝やかに
  至誠(まこと)の花ぞ 咲き匂ふ
  うれしたのし 香椎の学舎(まなびや)
3.大み教育(をしえ)の 勅語(みことのり)
  かたく心に 守りつつ
  先祖(みおや)のさとし 身にしめつ
  いざもろ共に 手をとりて
  朝(あした)ゆふべに いそしまむ
  うれしたのし 香椎の学舎(まなびや)